鉄道のお部屋

鉄道についてご紹介♪

旅行系専門卒が教える!★おすすめの資格ベスト3★

f:id:jigsawpuzzle:20210420182908p:plain

皆さんこんにちは!

Ayaです!

 

今回は専門学校で様々な資格を取得してきた私が

「取っておいてよかったな」「達成感があるな」

思った資格を3つご紹介します!

 

中には聞いたことある資格やない資格もあると思いますが

気になる資格があれば調べてみてください!

 

それでは LET'S GO!

 

 まずは軽く、私が専門学校の2年間で取得した資格を

取得した順にご紹介します♪

私が持っている資格

f:id:jigsawpuzzle:20210420183231p:plain

~補足~

 

①国内旅行地理検定は級制度はなくなりました。

 現在は「初級・中級・上級」となります。

AXESS検定ですが、2020年3月をもって検定が廃止となりました。

 現在は取得不可となっております。ご了承お願いします。

③総合旅程管理主任者資格に関してですが、

 コロナの影響もあり、海外実技は行えていない為

 筆記のみ合格しております。ご了承お願いします。

ということで2年間で9つの資格を取得しました。

中には旅行の国家資格でもある

「国内旅行業務取扱管理者」も取得しています。

 

 この9つの資格の中から3つご紹介します!

おすすめ①国内旅行業務取扱管理者

 やはり、国家資格の「国内旅行業務取扱管理者」です。

 

こちらは、

旅行業法旅行業約款国内旅行実務

の問題が主に出題されます。

 

今後こちらの対策の記事もご紹介していきますのでお楽しみに!

 

この旅行業務取扱管理者は国内と総合の2つがあります。

総合というのは、簡単にお伝えすると海外verです!

 

【取得難易度】

~国内旅行業務取扱管理者~

 私が実際に受けて思ったのは

「そこまで難しくはない」です。

もちろん最初は覚えることが多いです。

しかし、過去問を解くだけで大丈夫です。

私は過去問を繰り返した回数=合格率だと思います。

 

そして、合格するために1つ条件があります。

それは、「旅行業法」「旅行業約款」「国内旅行実務」

全て6割の点数を取らねばならないということです。

一つでも6割を切ってしまうと合格はできません。

 

〇参考までに〇

資料が古くて申し訳ないですが、

2014年~2019年の6年間での合格率(国内)の平均は33.5%です。

 

~総合旅行業務取扱管理者~

実際に試験を受けたわけではないのでなんとも言えませんが、

もちろん国内に比べると難しいです。

 

総合のメインはもちろん海外です。

試験科目の中には

「英語」「海外観光地理」「国際航空運賃」等

海外のことについて出題されます。

 

今後こちらの資格を受ける予定です。

実際に試験を受けてからご紹介します!

 

 【こんな方におすすめ】

主に2つあります。

 

①旅行業界で働きたい方

 

旅行国家資格ですので、活かせないわけがないです!(笑)

旅行業の中でも一番活かせるのは「旅行カウンター」です。

 

検定対策の記事でも紹介するのですが、

国内旅行を取り扱う店舗には必ず

「国内旅行業務取扱管理者資格」を取得している人を1人は

置かねばならないという決まりがあります。

海外旅行を取り扱う店舗では

「総合旅程管理主任者資格」が必要です。

なので、この資格を持つ者は重宝されます。

 

国内地理や約款も学ぶ為、カウンター志望の方だけではなく

旅行業界を志望されている方は取得することをおすすめします!

 

②鉄道業界で働きたい方

 

まずこちらを見た方は「なぜ鉄道!?」と思ったと思います。

 

なぜなら、試験の科目にある「国内旅行実務」に

鉄道の運賃・料金の計算が含まれるからです。

計算だけではなく、運送約款なども学ぶ必要があります。

 

実際に春から鉄道会社にて働かせて頂いておりますが

国家資格の勉強が本当に役に立ちました!

運賃・料金計算は本当に奥が深いです。

 

「国家資格」ということもそうですが、

持っているだけで自信もつきますし

鉄道の基本も知ることが出来るので是非挑戦してほしいです!

 

 この「国内旅行実務」というのは

国内地理はもちろんですが、

「鉄道」「ホテル」「航空」「バス」の約款を学ぶ必要があります。

 

旅行に関してだけではないので

観光系に興味がある方は是非挑戦してみてください!

 

【おすすめのテキスト】

~私が実際に使用した過去問題集2021ver.~

 

~旅行業法・旅行業約款・国内旅行実務に関して私が実際に使用したテキストです!~

www.tourism.jp

おすすめ②国内・総合旅程管理主任者

 こちらは、

「筆記」「実技」に分かれています。

 

筆記では、

添乗員の業務についての問題が主になります。

 

実技では

日帰り・宿泊どちらでもいいですが、

実際に添乗員としてツアーに行くことで取得することが出来ます。

 

 筆記試験に合格できれば、実技試験は簡単に合格できると思います。

 

【この資格の注意点】

 

 こちらの資格は先ほどもお伝えしたように

「筆記」「実技」の2つです。

 

一気に2つとも取得するのがベストではありますが

社会人の方は特に難しいと思います。

 

ですが、安心してください。仕事をしている方でも取得できます!

 

この実技試験は

1年に1回又は3年に2回行くことで取得することが出来ます。

筆記試験を受けたその年に実技試験を受けることもできますし

時間が合わなくても

3年で2回実務試験を受けることで取得が可能なのです!

 

【こんな方におすすめ】 

添乗員(ツアーコンダクター)を目指している方

 

添乗員になりたい方は必須資格となります。

国内で添乗員になりたい方は「国内旅程管理主任者資格」

海外で添乗員になりたい方は「総合旅程管理主任者資格」が

必要となります。

 

会社に入ってから取得する方も多いですが、

実技試験もあるので学生の間でとることを

一番おすすめ致します('ω')ノ

 添乗員だけではなく、

旅行業界で働きたい方は持っていおいて損はないと思います!

 

営業で働く方も、添乗することはあります。 

ツアープランナーの方が実際に作ったツアーに

添乗することもあります。

 

上記でもお伝えしたように

実技試験は

1年に1回又は3年に2回受ける必要があります。

こちらは現役で添乗されている方も同様です。

 

本業としてでなくとも、

1週間に一度日帰り若しくは1泊の添乗に行くのはいかがでしょうか? 

 

気になった方は是非挑戦してみてくださいね!

 

一般社団法人日本添乗サービス協会様のサイトを貼っておきます。

是非ご覧ください♪

 

www.tcsa.or.jp

 

おすすめ③国内旅行地理検定

 私が受けた時は1級・2級・3級とありましたが、

現在は初級・中級・上級に変わっています。

 

実はこの旅行地理検定中級は

国内旅行業務取扱管理者の

国内旅行実務の中の国内地理と難易度が同じ

です!

 

この検定は会場受験と、インターネット受験の2パターンがあります。 

 

インターネット受験は会場に行かなくても受験ができるのですが、

会場受験に比べ合格するための点数が異なります。

会場受験は7割正解で合格

インターネット受験は7割5分正解で合格です。 

 

~注意点~

 

初級と中級は会場受験・インターネット受験を選べますが、

上級は会場受験のみとなります。ご了承お願いします。

 

【こんな方におすすめ】

 

国内旅行業務取扱管理者の受験を考えている人

 

先ほどお伝えしたように、地理検定中級は国家試験範囲なんです!

なので、国家資格勉強の一環として

まず国内旅行地理検定を受けるのをおすすめします!

検定日も毎年大体6月中旬になります!

国家試験は9月の頭になるので、時期的にもちょうどよいかと思います!

 実際に私も、国内旅行地理検定を受けてから国家試験に挑みました!

出題傾向も似ていますし、国家資格で一番のネックになる

国内地理の対策となります!

是非国家資格を受ける方は合わせて受験してみましょう!

 

将来ツアープランナーになりたい方

 

ツアープランニングをする為に最も重要なことは

観光地をいかに把握しているかです!

観光地だけではなく、山・河川・温泉地・寺院・名数など様々な知識が必要です。

この試験はいかに観光地を知っているかを表すことが出来る資格だと思います。

学生の方だけではなく、働いている方にもインターネット受験することが出来るので是非挑戦してみて下さい!

 この国内旅行地理検定は

「旅行業実務シリーズの国内観光資源」という

テキストを使用するのがおすすめです!

 

上記でJTB研究所様のURLを貼っています!そちらから購入することが可能なので

是非ご覧ください♪

 

そして、この国内旅行地理検定の公式サイトも貼っておきますので是非ご覧ください!

 

www.chirikentei.jp

 

まとめ

 今回は

  • 国内旅行業務取扱管理者
  • 国内旅程管理主任者
  • 国内観光地理検定

の資格についておすすめさせて頂きました!

 

旅行業で働きたい方だけではなく、旅行好きな方や知識をたくさん持っている方にも

是非受けてほしい資格です!

 

どれも覚えることが多いですが、合格した時の達成感はとてつもなくあります。

そしてこの3つに共通しているのは

「国内」「海外」の2つあるということです。

国内だけではなく、海外の知識が豊富な方にも是非挑戦して頂きたいです!

 

今回は旅行業をメインでお伝え致しました!

今後も電車についての情報や、運送約款についてなどの情報をお知らせしていきます。

 

  最後までご覧頂きありがとうございます。 *下のボタンの「いいね」を押してくださるとやる気が出ます!   コメント欄にリクエストもお待ちしております。   それでは、また次のブログでお会いしましょう~!