鉄道のお部屋

鉄道についてご紹介♪

【JR運送約款:基本】大人と子供の区分

f:id:jigsawpuzzle:20210511201551p:plain

皆さんこんにちは!

Ayaです!

 

今回からシリーズごとに

JRの約款について紹介

していきます♪

前回までできっぷの種類を説明致しました。

JR約款の基本では実際に運賃や

料金計算を行うために

必要な知識を伝授していく予定です!

 

そして、今回ご説明する内容は

【大人と子供の区分】についてです!

少しややこしい部分や、

暗記しなければならない所も出てきます。

是非こちらの記事を活用してください♪

 

それではLET'S GO!

 

 皆さんはきっぷを買うとき、

大人と子供で運賃が違うことは

ご存じかと思います!

しかし、子供の切符は

大人の半額以外にまだルールはあります!

ご存じの方も多いかもしれませんが、

今後運賃・料金を計算していく上

ではとても重要となりますので

是非おさえておきましょう♪

大人・子供・幼児・乳児について

 こちらの図をご覧ください♪

 

f:id:jigsawpuzzle:20210511195837j:plain

このように、

年齢によって区分が異なります!

【幼児と乳児】

原則、幼児と乳児に関して

運賃と料金は不要です。

しかし、幼児と乳児でも運賃や

料金が必要となる場合があります。

3つありますので紹介致しますね!

①幼児だけで旅行するとき

幼児というと、上の図からも

6歳未満であるということが

わかるかと思います。

大体は親御さんや小学生以上の

兄弟等と電車にのると思います。

しかし、何らかの理由で

幼児だけで電車に乗った場合小児運賃が必要となります。

②1枚の乗車券に2人以上随伴するとき

1枚の乗車券というのは、

大人の運賃・小児運賃に

置き換えて頂ければと思います。

そして、幼児は大人若しくは

小児1人につき2人無料

で随伴することが可能です。

 

しかし、2人を超えた場合は

1人につき、小児運賃が必要

となります。

説明文だけではイメージが

付きづらいと思いますので、

図にしてまとめてみました!

 

f:id:jigsawpuzzle:20210511195852j:plain

では、この図を見ながら

以下の例題に挑戦してみてください♪

~例題~

(1)30歳の大人1人、幼児3人の場合必要な運賃は?

 大人運賃 名分 小児運賃 名分

 無料幼児 名

(2)25歳の大人1名、小学生1名、幼児5名の場合必要な運賃は?

 大人運賃 名分 小児運賃 名分

 無料幼児 名

(3)小学生1名、幼児3名の場合必要な運賃は?

 大人運賃 名分 小児運賃 名分

 無料幼児 名

(4)大人2名、幼児30名による団体の場合必要な運賃は?

 大人運賃 名分 小児運賃 名分

 無料幼児 名

(1)大人運賃1名分 小児運賃1名分 無料幼児2名
 大人1名につき、幼児2名まで無料です。
 したがって、
    残った幼児1名は小児運賃が必要です。
(2)大人運賃1名分 小児運賃2名分 無料幼児4名
 大人・小児1名につき幼児2名まで
    無料なので、幼児5名中4名は無料です。
    残った幼児1名は小児運賃が必要です。
(3)大人運賃0名分 小児運賃2名分 無料幼児2名
 小児1名のみなので、
    幼児2名のみ無料となります。
 したがって、残った幼児1名は
    小児運賃が必要です。
(4)大人運賃2名分 小児運賃26名分 無料幼児4名
 大人2名ということは
    幼児4名まで無料です。
 したがって、残りの幼児26名は
    小児運賃が必要です。

いかがでしたか?

 

今回は計算問題が無く、

問題数も少なかったと思います( ^_^ ;)

問題&解答&解説の記事も更新したので

合わせてこちらもご覧下さい♪

jigsawpuzzle.hatenablog.jp

それと、

もう一つ重要なポイントがあります。

それは、

乳児は何人随伴しても無料

ということです!

必ず覚えておきましょう♪ 

③幼児・乳児が指定席もしくは寝台を
利用するとき 

以前特急券を紹介した際に、

指定席についてや寝台について

紹介しました!

グリーン券、寝台券は購入すると必ず

その人専用の席が確保されるのです。

つまり、その券を購入するということは

乳児・幼児であれ料金は必要

ということなのです!

幼児・乳児が親の足の上に座るのではなく、

グリーン券や寝台券を

利用する場合、

小児と同額の料金

が必要となります。

 

とても重要なポイントなので

必ずおさえておきましょう!

 

★分かりやすくまとめた

乗車券と特急券の記事はこちら★

~乗車券の種類についてご紹介♪~ - 鉄道のお部屋

~特急券の種類についてご紹介♪~ - 鉄道のお部屋


随伴とは・・・
一緒に連れていくこと

小児運賃と料金について

次は小児の運賃と料金について

ご説明致します!

【小児の運賃のきまり】

小児の運賃は

大人の運賃の半額した金額です。

(10円未満のは数は切り捨てします。例:115円→110円)

半額対象の運賃

・片道普通乗車券

・定期券

【小児料金のきまり】

 運賃と同じく、

大人の半額という場合もあれば、

大人と同額必要な場合があります。

半額対象の料金

急行券

座席指定券

同額対象の料金

・グリーン券

・寝台券

・コンパートメント券

乗車整理券

です。

今後運賃・料金計算を

する上でとても重要です。

必須で覚えておきましょう♪

注意ポイント

ここまでで、

小児・幼児・乳児についての

ルールをご説明致しました。

ややこしい部分もありましたが、

最後に注意すべきポイントが

あるのでまとめました。

ポイント

①6歳になっていても、

小学校入学前は幼児扱い

です。

入学式の日に関係はなく、

4月1日をもって入学

みなします。

②12歳になっていても、

小学校在学中は小児扱い

です。

 卒業式の日に関係なく、

3月31日までは小学校在学とみなします。

③幼児を無料で随伴できるのは

大人と小児のみです。

 幼児が小児運賃を支払ったとしても、

 他の幼児を随伴することはできません

 判断が難しい場合も

多々ありますのでご注意ください!

まとめ

 今回は、大人と子供の

区分について詳しくご説明致しました!

 

大人と子供の区分は

運賃・料金計算を行う上で

とても重要となります。

今後割引きについても説明するのですが、

その際にも大人と子供の区分は

重要になります!

しっかりと頭に置いておいてくださいね♪

 

そして、例題を使用したのは

初めての試みです。

「こうしたほうがいい」や

「こんな例題欲しい!」など

何かありましたら

コメントを宜しくお願いします!

 

 今後も電車についての情報や、運送約款についてなどの情報をお知らせしていきます。   最後までご覧頂きありがとうございます。

*下のボタンの「いいね」を押してくださるとやる気が出ます!  

コメント欄にリクエストもお待ちしております。

 それでは、また次のブログでお会いしましょう~!