鉄道のお部屋

鉄道についてご紹介♪

【JR運送約款:基本】割引乗車券の種類パートⅡ

f:id:jigsawpuzzle:20210530192729p:plain

皆さんこんにちは!

Ayaです!

 

前回に引き続き、

今回は割引乗車券を紹介します!

 

残りの3種類については、ごちゃごちゃになりやすいので注意です!

今回も問題を作りましたので是非挑戦してみてください! 

 

それでは LET'S GO!

 

 

前回は「学生割引」と「往復割引」を紹介しています。

気になる方はこちらをご覧ください♪

jigsawpuzzle.hatenablog.jp

 そして前回紹介した2つの割引は併用できると説明しましたが、

今回説明する割引は併用できないものです!

必ず注意しましょう★☆

 

 今回も営業キロという単語が出てきます!

 別記事にて紹介しますが、簡単に説明しておきます!

営業キロとは

運賃・料金計算をするうえでなくてはならないものです。

駅と駅間の距離数を表したものです。

鉄道会社によって名称が異なる場合があります。

営業キロ以外にも「運賃計算キロ」「換算キロ」「擬制キロ」等あります。

 それでは本題に入りましょう!

割引乗車券について

割引乗車券とは
発売条件を満たした場合、乗車券が割引されます。
割引された乗車券には必ず印章が印字されます
割引の種類によって発売条件が異なります
 
まずはこちらの図をご覧ください!

 

f:id:jigsawpuzzle:20210520144526j:plain

 今回は、「身体障碍者割引」「知的障害者割引」「被救護者割引」の

3つを紹介します!

 

詳しく紹介しますが、身体障碍者割引と知的障害者割引は第1種と第2種で

分かれています!そちらをまとめた図も作りましたのでこちらも併せてご覧ください♪

 

f:id:jigsawpuzzle:20210706154245j:plain

身体障碍者割引

 身体障碍者手帳の交付を受けているお客様と介護者が割引になります。

第1種と第2種で条件が軽く異なります。

 

単独で営業キロが100キロを超える区間を利用

される場合は必ず5割引となります!

 

また、身体障碍者割引は3つの区分に分かれます。

・片道・往復・連続乗車券に適応されるもの

・普通回数乗車券・普通急行券に適応されるもの

・定期乗車券に適応されるもの

です。1つずつ紹介していきます!

 

片道・往復・連続乗車券に適応される身体障碍者割引

 (1)発売条件

Ⅰ.身体障碍者手帳をお持ちのお客様が乗車される場合。

Ⅱ.単独で利用される場合は片道の営業キロが100キロを超える場合

Ⅲ.第1身体障碍者が介護者と共に乗車する場合。(距離に制限はなし)

このいずれかに当てはまる場合発売できます。

(2)割引率

単独で利用する場合/本人・介護者利用共に

運賃が5割引となります。

(3)印章

単独利用の場合は、「身割」

本人・介護者利用の場合は「障割(本人)」「介割(介護者)」です。

(4)購入/使用する際に持っておかないといけないもの

 身体障碍者手帳を持っておかねばなりません!

普通回数乗車券・普通急行券に適応される身体障碍者割引

 (1)発売条件

Ⅰ.身体障碍者手帳をお持ちのお客様が乗車される場合。

Ⅱ.第1身体障碍者が介護者と共に乗車する場合(距離に制限はなし。)

※単独利用の場合と第2種をお持ちの方は割引の対象にはなりません!

このどちらかに当てはまる場合発売できます。

(2)割引率

普通回数運賃/普通急行料金から5割引です

(3)印章

本人・介護者利用の場合は「障割(本人)」「介割(介護者)」です。

(4)購入/使用する際に持っておかないといけないもの

 身体障碍者手帳が必要です。

定期乗車券に適応される身体障碍者割引

 (1)発売条件

Ⅰ.身体障碍者手帳をお持ちのお客様が乗車される場合。

Ⅱ.第1種・第2種身体障碍者が介護者と共に乗車する場合。(距離に制限はなし)

※単独利用の場合は割引の対象にはなりません!

このどちらかに当てはまる場合発売できます。

(2)割引率

大人定期運賃から5割引となります。

(3)印章

本人・介護者利用の場合は「障割(本人)」「介割(介護者)」です。

(4)購入/使用する際に持っておかないといけないもの

身体障碍者手帳を持っておきましょう♪

 

身体障碍者割引だけでも3種類あります!!

割引率は同じですが条件が異なるものもあるので注意してください★

知的障害者割引

 身体障碍者割引とほとんど変わりません。

しかし、印章は異なります!

身体障碍者割引との違いも含め覚えていきましょう♪

 

知的障害者割引には3つ区分があります。

・片道・往復・連続乗車券に適応されるもの

・普通回数乗車券・普通急行券に適応されるもの

・定期乗車券に適応されるもの

です。1つずつ紹介していきます!

片道・往復・連続乗車券に適応される知的障害者割引

 (1)発売条件

Ⅰ.療育手帳をお持ちのお客様が乗車される場合。

Ⅱ.単独で利用される場合は片道の営業キロが100キロを超える場合

Ⅲ.第1種知的障害者が介護者と共に乗車する場合。(距離に制限はなし)

このいずれかに当てはまる場合発売できます。

(2)割引率

単独で利用する場合/本人・介護者利用共に

運賃は5割引となります。

(3)印章

単独利用の場合は、「療割」

本人・介護者利用の場合は「育割(本人)」「護割(介護者)」です。

(4)購入/使用する際に持っておかないといけないもの

 療育手帳を持っておかねばなりません!

普通回数乗車券・普通急行券に適応される知的障害者

 (1)発売条件

Ⅰ.療育手帳をお持ちのお客様が乗車される場合。

Ⅱ.第1種知的障害者が介護者と共に乗車する場合。(距離に制限はなし)

※単独利用の場合と第2種の方は割引の対象にはなりません!

このどちらかに当てはまる場合発売できます。

(2)割引率

普通回数運賃/普通急行料金から5割引です

(3)印章

本人・介護者利用の場合は「育割(本人)」「護割(介護者)」です。

(4)購入/使用する際に持っておかないといけないもの

療育手帳が必要です。

定期乗車券に適応される知的障害者

 (1)発売条件

Ⅰ.療育手帳をお持ちのお客様が乗車される場合。

Ⅱ.第1種・第2種知的障害者が介護者と共に乗車する場合。(距離に制限はなし)

※単独利用の場合は割引の対象にはなりません!

このどちらかに当てはまる場合発売できます。

(2)割引率

大人定期運賃から5割引となります。

(3)印章

本人・介護者利用の場合は「育割(本人)」「護割(介護者)」です。

(4)購入/使用する際に持っておかないといけないもの

療育手帳を持っておきましょう♪

 

 このように、ほとんど同じです!

注意すべきなのが印章です。

覚えるときは

身(体)障(碍者)介(護者)「身障介(しんしょうかい)」

(知的障碍者&)療育(手帳介)護(者)

「療育護(りょういくご)」

という風に覚えましょう!私もこれで覚えました♪

被救護者割引

 この割引は知らない方も多いのではないかと思います。

対象となるのは、

・定期的に通院する必要がある方

・付添人が救護施設へ送り届ける必要がある場合

です。

 

簡単に言うと、

急病人を病院まで連れていくとき最寄りの駅まで乗車する場合に適応されたり、

治療するために遠方へ行かなければいけない方に適応される割引です。

 

 (1)発売条件

Ⅰ.児童福祉法に定める施設

Ⅱ.生活保護法に定める保護施設(授産施設を除く。)

Ⅲ.社会福祉事業に定める救護施設

Ⅳ.老人福祉法に定める老人福祉施設

 (デイサービスセンター及び老人福祉センターを除く。)

Ⅴ.少年院法に定める少年院及び少年鑑別所

Ⅵ.犯罪者予防更生法に定める保護観察所

です。とても多いですよね(-_-;)

このいずれかに当てはまった場合利用できます。

 

そして、この割引は「被救護者旅客運賃割引証」を提出したとき

その割引証1枚につき1人1回に限り発売となります。(距離は関係ないです。)

(2)割引率

本人/付添人共に片道又は往復の

普通旅客運賃を5割引します。

(3)印章

本人・付添人利用の場合は「救割(本人)」「添割(付添人)」です。

(4)購入/使用する際に持っておかないといけないもの

購入する際に必要なのが、

「被救護者旅客運賃割引証」です

旅行中(乗車中)は

「旅行証明書」を持っておかねばなりません!

 

この、被救護者割引はよくあることではないです。

このような割引があるんだなぁ~くらいに思っていただいて大丈夫です!

例題

 それでは、問題を出していきたいと思います!

前回と同じく、計算問題ではありませんのでご了承お願いしますm(__)m

~例題~

(1)身体障碍者割引、知的障害者割引、被救護者割引の割引率は?

(2)身体障碍者割引を利用した場合、本人と介護者の印章は?

(3)身体障碍者割引、知的障害者割引で距離に制限がない場合はどんな時?

(4)「療割」「育割」「護割」は何という割引?

(5)被救護者割引を利用する場合購入時に必要なものは?

(1)5割
 この3つの割引で唯一共通しているのは割引率でしたね!
(2)障割/介割
 身体障碍者割引の印章の覚え方は
 身(体)障(碍者)介(護者)「身障介(しんしょうかい)」でしたね!
(3)介護者が付いているとき
 単独で乗車される場合は、
 片道の営業キロが100キロを超える必要がありましたよね★
(4)知的障害者割引
 知的障害者割引の印章の覚え方で
 (知的障碍者&)療育(手帳介)護(者)「療育護(りょういくご)」がありましたね♪
(5)
被救護者旅客運賃割引証
 旅行中に持っておかないといけないのは「旅行証明書」ですが、
 購入時に必要なのは「被救護者旅客運賃割引証」でしたね!

 

いかがでしたか??

もし、解説がわかりにくいや質問があればコメントをお願いします!

まとめ

今回は割引乗車券の種類パートⅡということで、

・身体障碍者割引

知的障害者割引

・被救護者割引

について紹介しました!

 

印章が混乱しやすいですが割引率はどれも5割引と同じです。

1つ1つ整理して覚えていきましょう(/・ω・)/

 

今後も電車についての情報や、運送約款についてなどの情報をお知らせしていきます。  最後までご覧頂きありがとうございます。

*下のボタンの「いいね」を押してくださるとやる気が出ます!  

コメント欄にリクエストもお待ちしております。  

それでは、また次のブログでお会いしましょう~!