鉄道のお部屋

鉄道についてご紹介♪

【問題集】割引乗車券の種類

f:id:jigsawpuzzle:20210707195606p:plain

皆さんこんにちは!

Ayaです!

 

JR約款の基本の問題第2弾ということで

今回は「割引乗車券の種類編」です!

解答と解説もついていますので是非解いてみてください♪

 

それでは LET'S GO!

この記事の目次

今回は「割引乗車券の種類編」ですが

「運賃表の見方編」については別記事にて問題を作って投稿します!

お楽しみにお待ちください★

 

 第1弾「大人と子供の区分編」はこちら↓↓jigsawpuzzle.hatenablog.jp

~割引乗車券の種類~

割引乗車券の種類では、学割・往復割引だけではなく

身体障碍者・知的障碍者などの割引についても紹介しました!

 

販売条件・割引率・印章・購入/使用する際に持っておかねばならないもの

など、細かく紹介しましたね!

今回は計算問題も出していきます★ 

もう一度記事を見返したい方はこちらをご覧ください♪

jigsawpuzzle.hatenablog.jp

jigsawpuzzle.hatenablog.jp

 

それでは、問題を出していきます!

★練習問題★

まずは、ウォーミングアップということで

発売条件や印章など、例題に出した問題をもとに出していきます!

~第1回~

Q1. 学割の販売条件は、片道の営業キロが何キロを超えた時でしょうか。

Q2. 学割で購入したいとき、

   必ず持って行かないといけないものはなんでしょうか。

Q3. 学割が適応される乗車券の種類を答えなさい。

Q4. 往復割引の割引率は何でしょうか。

Q5. 往復割引の印章はなんでしょうか。

Q6. 身体障碍者知的障害者の割引率は何でしょうか。

Q7. 身体障碍者割引で、単独利用の場合の印章は何でしょうか。

Q8. 知的障碍者割引で、介護者がいる場合の印章は何でしょうか。

   (本人と介護者の2つを答えてください)

Q9. 被救護者割引で購入する場合、

   必ず持って行かないといけないものは何でしょうか。

Q10. 被救護者割引の印章は何でしょうか。

   (本人と付添の2つを答えてください)

 

ここまでいかがでしょうか?

割引率の違いや、印章など

1つ1つ整理していかないと、混乱してしまう分野です!

間違えた問題は必ず復習しておきましょう!

 

いよいよ、次は計算問題です★

全て発売条件は満たしていることを想定して出題します!

(Q10.を除きます。)

じゃんじゃん計算していってくださいね♪

 

~第2回~

Q1. 片道2350円の学割乗車券は何円でしょうか

Q2. 片道5800円の往復割引乗車券は何円でしょうか。

   (もちろん往復の値段ですよ!)

Q3. 片道5760円の乗車券を学割で往復買った場合何円でしょうか。

   (学割と往復割引は併用できたかがポイントですよ!)

Q4. 片道5320円の乗車券を第1種をお持ちの

   身体障碍者の方が購入する場合何円になるでしょうか。(介護者あり)

Q5. 片道1600円の乗車券を第2種をお持ちの

   身体障碍者の方が購入する場合何円になるでしょうか。(介護者あり)

Q6. 片道7080円の往復乗車券を往復割引で購入する場合。(学生ではありません) 

Q7. 片道5700円の往復乗車券を第1種身体障碍者の方が

   介護者含め2名分購入する場合の値段は。

   (障碍者割引と往復割引は併用できるのかがポイント!)

Q8. 1700円の回数券を放送大学の学生が購入する場合何円でしょうか。

Q9. 2300円の回数券を高等学校の生徒が購入する場合何円でしょうか。

Q10. 片道4500円の往復乗車券を学生が購入する場合何円でしょうか。

 

以上20問です!

計算問題となると一気にレベルがアップしますね(-_-;)

どの割引が併用出来て、できないのか

割引率は何割だったのかを思い出して解いてみてくださいね★☆

 

☆解答と解説☆

それでは、上記で出題した問題の解答と解説をしていきたいと思います!

 

第1回に関しては【JR約款の基本②】を見てもらえればわかると思うので

解説は省きます!

第2回に関しては計算式も書いておくので照らし合わせてみてくださいね♬ 

~第1回~

A1. 200キロを超えた場合
A2. 学校学生生徒旅客運賃割引証

   (学割証)
A3. 片道・連続・往復乗車券と

   普通回数乗車券
A4. 往路1割引/復路1割引
A5. 復割
A6. 5割引
A7. 身割
A8. 育割/護割
A9. 被救護者旅客運賃割引証
A10.  救割/添割

 

~第2回~
A1. 1,880円

学生割引は2割引でしたね!

2,350()×(1-0.8)=1,880()
A2. 10,440円

往復割引は往路/復路共に1割引なので分けて計算です!

5,800()×(1-0.9)=5,220()
5,220()×2(往路/復路)=10,440()
A3. 4,140円

学割と往復割引は併用できます◎往復割引から計算しましょう♬

5,760()×(1-0.9)=5,184()→5,180()
5,180()×(1-0.8)=4,144()→4,140()
A4. 5,320円

第1種なので介護者も割引適応されます!

5,320()×(1-0.5)=2,660()
本人・介護者とも2,660()
合計5,320()

A5. 2,400円

第2種なので介護者は適応されません✖

本人:1,600()×(1-0.5)=800()
介護者:1,600()
合計2400()

A6. 12,740円

端数は必ず切り捨て!

7,080()× (1-0.9)=6,372()→6,370()
6,370()×2(往路/復路)=12,740()

A7. 11,400円

往復割引と障害者割引は併用できません✖

障碍者割引で計算しましょう!

5,700()×(1-0.5)=2,850()
往復:2,850()×2=5,700(円)
5,700()×2(人分)=11,400()
A8. 1,360円

割引率は2割でしたね★

1,700()×(1-0.8)=1,360()

A9. 1,150

割引率は5割でしたね☆

2,300()×(1-0.5)=1,150()

A10. 6,480円

A3と同じ問題!解けたかな?

4,500()×(1-0.9)=4,050()
4,050()×(1-0.8)=3,240()
3,240()×2(往路/復路)=6,480()

 

以上で解答&解説は終了です!

まとめ

いかがでしたか?

前回に比べて計算問題は難しかったかと思います(-_-;)

今回は発売条件を満たしていると想定して出題しましたが

実際の問題は条件を満たしているかを判断するところから始まります!!

 

 

【JR約款の基本】の説明でもそうですが、この問題はあくまでも【基本】です!

実際は運賃表を選んだり、特例がある中特定の計算方法を選んで

運賃を導き出さねばなりません(´;ω;`)

 

 

間違えてしまったところは必ず復習したり、

正解していても何回も解きなおしたりすることがとても重要なのです★☆

 

また、今回の問題に関して質問やこういった問題が欲しいなどの

リクエストがあればコメントに書いてください!

 

今後も電車についての情報や、運送約款についてなどの情報をお知らせしていきます。  最後までご覧頂きありがとうございます。

*下のボタンの「いいね」を押してくださるとやる気が出ます!  

コメント欄にリクエストもお待ちしております。  

それでは、また次のブログでお会いしましょう~!