鉄道のお部屋

鉄道についてご紹介♪

【乗車券類】急行券について

f:id:jigsawpuzzle:20210822192840p:plain

皆さんこんにちは!

Ayaです!

 

今回は【急行券】について解説していきます!

以前、「特急券の種類」という記事を投稿していますが、

特急料金シリーズがスタートしたので

より詳しく解説していきます!

 

特急券の種類」の記事はこちら♬

~特急券の種類についてご紹介♪~ - 鉄道のお部屋

 

それでは LET'S GO!

 

今回は

急行券の種類

・特急/普通急行料金の基本的な考え方

 ・特定の特急料金

・通常期・繁忙期・閑散期について

 について解説していきます!

急行券の種類に関しては復習程度となってます!

急行券の種類

簡単にまとめたのでこちらをご覧ください♬

f:id:jigsawpuzzle:20210822172206j:plain

************

⑴に【一葉】という言葉が出ています。

これは一様化券のことです。

一葉化券というのは

乗車券・特急券が1枚のきっぷになっているものを指します。 

************ 

この画像をみればわかるように、

特急券にも様々種類があり、使う用途によって名前が異なります。

指定席なのか、自由席なのかでも料金はかわってきますし、

グリーン車や寝台車を使う場合はプラスで料金がかかります。

少しずつ覚えていきましょう(/・ω・)/

特急/普通急行料金の基本的な考え方

ここでは、

・特急/普通急行料金について

・なぜ運賃以外に料金が必要なのか

・新幹線の特急料金/新幹線の乗継割引について

・A特急料金/B特急料金について

の4つを解説していきます!

特急/普通急行料金について

特急料金(特別急行料金)・普通急行料金とは

特急列車や普通急行列車を利用する場合に

運賃以外に必要となるものです。

これを【特急列車利用料金】といいます。

なぜ運賃以外に料金が必要なのか

なぜ特急料金がひつようなのかご説明します。

特急列車は普通列車と違う点があります。

①停車駅が少ない&運転速度も速い

②車両や設備が良いということ

です。

普通列車より

【スピードが速く設備がよい】

料金はこの部分に対して払うお金となります。

収受する特急料金

◇特急列車◇

指定席を利用する場合・・・指定席特急料金

自由席を利用する場合・・・自由席特急料金

普通急行列車(普通列車)◇

指定席を利用する場合・・・普通急行料金+座席指定料金

自由席を利用する場合・・・普通急行料金

 運賃は電車を乗るうえで必ず必要となるものです。

そこから、

「スピードを速くしたい」「設備が良いものがいい」

というものに応えた列車を利用する場合は

別に料金が必要になるということです。

新幹線の特急料金/新幹線の乗継割引について

新幹線の特急料金は在来線の特急料金より高いのか

新幹線の区間は在来線の特急よりも高速な列車の運行を

目的として作られたものです。

特急料金は、その速さ・到達時間の短さなどに

着目して在来線の特急よりも高額になっているのです♬

新幹線は営業キロではなく駅間で料金を決めているのでしょうか

新幹線は駅の数が限られていることや

区間によっては飛行機などほかの輸送機関との

競争条件などを考慮して料金を設定する必要があることから

駅間で特急料金が設定されています!

〔ひかり〕〔こだま〕〔さくら〕と〔のぞみ〕〔みずほ〕では
同じ区間でも指定席特急料金が違うのはどうしてでしょうか

〔のぞみ〕〔みずほ〕は駅の到着時分が大幅に短縮されています。

なので特急料金が少し高くなっています。

しかし、自由席については利用しやすいように〔ひかり〕〔こだま〕〔さくら〕の

自由席特急料金と同額の特定特急料金にしています。

また、九州新幹線区間においては、

〔みずほ〕と〔さくら〕〔つばめ〕は同料金です。

新幹線の乗継割引はなぜ行われているのでしょうか

直通で特急列車が運行していた所に新幹線が走り始めました。

その影響で【新幹線+特急】で利用する方も増えました。

この場合の負担軽減を図るために

新幹線から乗り継ぐ在来線の特急料金を半額にするという

新幹線乗継割引制度を作ったのです。

乗継割引に関しては解説の記事を投稿する予定です!

お楽しみにお待ちください★☆

A特急料金/B特急料金について

在来線の特急料金はAとBに分かれています。

A特急料金/B特急料金の区分

A特急料金は在来線特急料金の基本ともいえる料金です。

そして、B特急料金は割安な特急料金となっています。

B特急料金はなぜ作られたのでしょうか?

もともと、普通急行列車がメインで走っていた区間

特急列車に変えた場合は

比較的割安なB特急料金を設定しています!

そうすることで普通急行列車を利用されていた方の

負担軽減を図っているのです♬

A特急料金の区間とB特急料金の区間をまたがって利用する場合の料金計算方法は?

利用する全営業キロに対応するA特急料金を適応します。

 (B特急料金区間内のみの場合に限ってB特急料金を適応します。)

②B特急料金は、普通急行が廃止されて特急に

 統合された区間について利用される方の

 負担軽減を図る目的で設定されたものです。

基本的にそのような事情のないA特急料金区間とまたがって特急列車を利用される場合は、
特急利用が基本となる区間の利用となるためA特急料金を適用することとなっています。

特定の特急料金について

特定の特急料金とは?

JRでは以下の画像の区間で決められています。

f:id:jigsawpuzzle:20210822181814j:plain

この区間は特別に料金が決められているということです!

区間の特急利用など、なぜ特定の特急料金があるのでしょうか

より多く利用してもらうため、

線区の特情に応じて価格を割安に設定しているのです!♬

通常期・繁忙期・閑散期について

皆さんは、繁忙期・閑散期についてはご存じですか??

繁忙期・閑散期とは・・・?

〇繁忙期〇
1年の中でも比較的に利用客が多い時期のことで、

通常期に比べ指定席特急料金が200増しとなります。

(3/21~4/5、4/28~5/6、7/21~8/31、12/25~1/10)

〇閑散期〇

1年の中でも比較的に利用客が少ない時期のことで、

通常期に比べ指定席特急料金が200引きとなります。

1/16~2月の末日、6月、9月、11/1~12/20の期間の

月曜日~木曜日(ただし、終日及び前日と振替休日を除きます。)

************

特例で、JR北海道内・JR九州内は全て通常期です。 

今後、料金計算をしていくなかで

繁忙期か閑散期かどうかはとても重要になっていきます!

いつが繁忙期・閑散期なのかの判断や

+何円-何円なのかの判断も必要になっていきます。

段々と覚えることが多くなってきましたね(-_-;)

焦らずゆっくり覚えていきましょう(/・ω・)/

まとめ

いかがでしたか?

急行券について解説しましたが、

今回はボリュームが多くなってしまいましたね(´;ω;`)

 

今後は実際に料金計算についての解説

乗継割引・グリーン料金・寝台料金について

解説をしていきます!

お楽しみにお待ちください★☆

 

今後も電車についての情報や、 運送約款についてなどの情報をお知らせしていきます。 最後までご覧頂きありがとうございます。

*下のボタンの「いいね」を押してくださるとやる気が出ます!
コメント欄にリクエストもお待ちしております。

それでは、また次のブログでお会いしましょう~!