鉄道のお部屋

鉄道についてご紹介♪

有料座席サービス|★1日8列車限定★新快速「Aシート」についてご紹介!

f:id:jigsawpuzzle:20211022174703p:plain

皆さんこんにちは!

Ayaです!

今回は
新快速の有料座席
「Aシート」
ついてご紹介します!

利用したことがある方も
多くいらっしゃると思います!

値段もお手頃で
設備も整っています!

利用したことない人は
この記事を参考に
検討してみてくださいね!

それでは LET'S GO!

今回説明する内容は
・「Aシート」について
・設備について
・利用方法について
の3点です!

この中で最も
注目してほしいポイントは

「Aシート」について

です!

それでは、本編スタートです★

「Aシート」について

【基本情報】

この新快速「Aシート」
JR神戸線京都線琵琶湖線
走行しており、
網干駅・姫路駅~野洲駅間の
毎日上下4本だけの運行となります!

通勤時間帯だけではなく
昼間や深夜にも運転しています!

*******

12両編成の9号車に
設けられています!
この1両には、
有料指定席立席エリアの2つあります!

*******

【定員】

定員は45席で全て自由席です!

ここで、
『なぜ座席指定券なのに自由席?』と
思った方がいると思います!

この件に関しては以下の
「利用方法について」を
読んでもらえれば
ご理解いただけると思います!

*******

【料金】

料金は500円です★
現金又はICカード
支払うことが出来ます!

ただし、
モバイルSuica
利用できないので
注意してください★

ここで、
注意ポイントが4つあります!

注意ポイント

①別途乗車券が必要です。
 ・普通乗車券
 ・定期乗車券
 ・回数乗車券
 などが対象です。

②Aシート料金は
 乗車後にAシートの車内で
 係員に支払います!

 その為駅の窓口や券売機では
 購入できないのでご注意ください!

③小児・幼児のお子様が1人で
 座席を利用する場合は、
 大人と同額の料金が必要となります!

④お客様のご都合による
 払い戻しはできません!

設備について

続いては、
設備についてご紹介します!

今回紹介する設備は3つです!

①リクライニング機能&
 テーブル付き座席
②全席にコンセントを設置
③無料Wi-Fiサービスを提供

です!

どれも嬉しいものばかりですよね♬

机・コンセント・Wi-Fi
この3つが揃えば、パソコンが使えますし
携帯電話の充電をすることも可能ですよね!

通勤・通学時間に
少しお仕事ができたり、
提出しないといけないレポートが
出来てしまうということです!

メリットしかないですよね☆★☆

※一部テーブルが
 付いていない座席があります。
 ご了承下さい。

利用方法について

それでは、利用方法について紹介します!
流れのまま順にそのままお伝えしますね!

Ⅰ.
ホームの電光掲示
Aシートがある列車を確認してください👀

電光掲示板に
必ずAシートと書かれています!
書かれていない列車には
無いということなので要注意です!

Ⅱ.
ホームの足元にAシートの
表示がある乗降口から乗車してください!

ここで注意してほしい
ポイントが3つあります!

・駅で並んでいても満席だと
 座れない場合があります。
 その場合は、立席エリアで座席が
 空くのを待つか、
 他の車両へ移動するかになります。

・列車到着時に立席エリアが満員の場合は、
 別の車両へ
 移動しなければならない場合があります。

・有料座席エリア内の通路は
 立って乗車することはできません✖

Ⅲ.
乗車後は
空いている席に座ってください!

Ⅳ.
着席後車内の係員に
降車駅を伝えてください。

その後料金の支払いがあります!
その際渡される乗車整理券
なくさないようにして、
座席前のポケットに入れてください!

Ⅴ.
後車駅に到着したら
座席前のポケットに入れた
乗車整理券を取り、
列車から降りてください!

こちらが、一連の流れです!

上記で
座席指定券なのになぜ自由席?」
という話題がありましたが、

あくまでも料金を払う前に
自由に席を選んで座るため
自由席という扱いなのかなと思います。

最後に

いかがでしたか?
設備が整っているうえに
500円特急券
購入できるのはとてもお得ですよね!

ですが、明日は
さらにこれより安くなる方法を
記事にしたいと思うので
お楽しみにお待ちください♬

気になった方は
是非利用してみて
感想のコメントを書いてくださいね★

今後も電車についての情報や、
運送約款についてなどの情報を
お知らせしていきます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

*下のボタンの「いいね」を
押してくださるとやる気が出ます!

コメント欄にリクエストもお待ちしております。

それでは、また次のブログでお会いしましょう~!